■石和ウインズへドライブ

数年前の話ですが、私と私の友達でよくドライブに行きました。

目的地は、山梨にある石和ウインズという、JRAの場外馬券売り場です。

私が住んでいる地域には、手軽にJRAの馬券を買える場所がなく、かつその頃はまだインターネット投票を利用していなかったため、ドライブも兼ねて石和ウインズに出陣していました。

行く時は、ラジオを聴きながら鼻歌交じりで、テンションを上げながら向かうのですが、競馬ですので当然のことながら負ける時もあります。

そういう時は、2人とも押し黙ってしまい、まったく会話もなくて気まずい雰囲気になってしまいました。

それでも1人より、2人の方が楽しいというのがドライブです。

私はペーパードライバーだったため、運転は主に友達に任せていました。

私は、山梨のきれいな景色を窓越しに眺めたりしていたので、お気楽なものでした。

今考えれば、負けた時に運転するのはツライから、私もちゃんと運転の練習をして、変わってあげれば良かったと思っています。

何にせよ、ドライブというのは本当に楽しいものです。

電動ハブラシについて

電動歯ブラシは、歯ブラシの振動と回転によって、汚れを落としやすくするという便利な歯ブラシです。

使い方は、電動歯ブラシを歯の表面に当てるようにして、歯ブラシのヘッドを磨きたい部分へと移動させていきます。

注意しないといけないのは、電動歯ブラシは力を入れて使うと、歯や歯茎を傷つけてしまうところです。

歯や歯茎を傷つけずに、電動歯ブラシで確実に汚れを落とすには、それぞれの口の状態に合わせて使う必要があります。

機種により電動歯ブラシは使い方が異なるので、歯科医院で指導を受けるのが、一番、おすすめでる方法です。

電動歯ブラシは、歯の表面の汚れだけを落としたい人や、歯や歯茎に問題のない人におすすめで、とても楽に使用できます。

手動の歯ブラシと違い、電動歯ブラシの場合、ゴシゴシと自分で動かす必要がないので、手のだるさがありません。

電動歯ブラシは、歯や歯と歯茎の境目に当てるだけでよく、勝手に歯ブラシが動いてくれます。

電気の力で小刻みに動いてくれるのが電動歯ブラシの良いところで、手で持っているだけで、勝手に歯を磨いてくれます。

ただ、気をつけないといけないのは、電動歯ブラシは、いかにして、歯のどこに歯ブラシを当てるかで効果が違ってきます。

まさにエステ体験と同じですね。

しっかりブラッシングする必要があり、電動歯ブラシをただ歯の表面に押し当てているだけでは意味がありません。

電動歯ブラシを購入したなら、正しい使い方をしっかりやっていく必要があり、そのためには、正しい持ち方をしないといけません。

持ち方は手動の歯ブラシと同じように電動歯ブラシにも通りあるので、自分に合った持ち方で磨くことです。

まず、パームグリップという持ち方があり、これは、テニスのラケットを持つような感じで電動歯ブラシを握ります。

電動歯ブラシを持つ場合、重さがあるで、パームグリップという持ち方は、推奨できる方法になります。

もう1つの電動歯ブラシの持ち方は、ペングリップというもので、鉛筆を持つような感じで握ります。

細かい動作ができる持ち方ですが、電動歯ブラシを持つには、少し重さを感じるので、しんどいかもしれません。

手動とは違い、電動歯ブラシは自分で動かして磨く必要がないので、無駄な力を与えずに磨くことができるのが最大のメリットです。

逆に言うと、電動歯ブラシは、強く押し当てて磨くと、歯茎を痛めることがあるので、注意しないといけません。

最大限に生かした電動歯ブラシの磨き方は、歯と歯茎の境目を丁寧に磨いていくというもので、歯ブラシは少し斜めに当てます。

what's new

運営者情報

    

H・N:32kaku

夏は家から出ない系個人事業主です!

日々の雑感を綴っています。

最近の投稿

松坂大輔、日本球界で4209日ぶりの先発マウンドへ

ここのサイトについて

このサイトは無料ホームページテンプレートの練習を兼ねて作成されたものです。

記事内容はランサーズで募集したものを掲載しています。